PRODUCT『 RED 』という名前は、が緊急事態の色だからです!

 世界的な緊急事態は、COVID-19( コロナウイルス )であろうと、

 HIVであろうと最も脆弱な人々に最も大きな打撃を

 与える傾向があります。



 PRODUCT(RED)製品という共通ブランドの商品を開発・販売することで

 挙げた収益を、コロナウイルス・世界エイズ・結核・マラリア・

 各種感染病の対策基金(グローバルファンド)に寄付することに

 よって、コロナウイルス、アフリカのエイズ等の疫病の

 医療システムの保護を支援し、世界基金と緊密に

 協力しており、対策プログラムを支援する仕組みです!



 (RED)によって管理費を差し引かれることなく100%の金額が

 グローバルファンドに送られています!



 これまでに

 『 アップル 』 『 コカ・コーラ 』 『 アメリカンエキスプレス 』

 『 スターバックス 』 『 ナイキ 』 『 エンポリオ 』 

 『 アルマーニ 』 『 Gap 』 『 コンバース 』

 『 インディペンデント紙 』 『 ランセット誌 』など様々な業種の

 企業がパートナーとして参加しています!

 アップル公式URL = https://www.apple.com/jp/product-red/


 (RED)は21世紀にふさわしい、アイディア企業が単に慈善事業に

 参加するといったものではなく、自社の持つブランド企画力と

 マーケティングやネットワーク力を活用し、企業と

 グローバルファンドの双方に利益のある持続的な

 関係を生み出していく取り組みである。



 (RED)は、2030年までに極度の貧困と予防可能な病気を

 終わらせ、誰もがどこにいても尊厳と人権のある生活を

 送る事が、できるようにするための世界的な

 運動キャンペーンであるONEキャンペーンの一部門です。



 現在の、COVID-19( コロナウイルス )の脅威に照らして、

 今後『 USA City, Global Area Network Center! 』は

 正義と平等』を基本理念としグローバルファンド 』と

 緊密に協力して(RED)が資金を提供するプログラムの

 保護を強力に支援いたします。





 Linux_OS / Windows_OS  のシステムの構築を請負いたします。

PRODUCT『 RED対象業務! *_サーバーマシンの作成( UNIX系 CUIベース ) *_Microsoft Serverの作成( Windows ) *_作業用PCのオーダーメイド作成 *_ダイナミックDNSサーバー *_クラウドサーバー *_レンタルサーバー ・CLOUD server ・PROXY server ・SAMBA server ・DDNS server ・RTMP server ・SMTP server ・POP3 server ・WEB server ・FTP server ・DNS server ・VPN server ・その他 拠点間通信網 基幹:ネームサーバー DNS_Master: NS.USZ.JP. DNS_Slave: 2ND.DNSV.JP. 通信機器:設置場所 ( 開発の状況により設置場所が変わる場合有り ) 宇佐市 WWW.USN.RED 宇佐市 WWW.USZ.JP 宇佐市 NS.USN.RED 宇佐市 NS.USZ.JP  以下の様な複雑なセキュア・ネットワーク構成にも対応致します  最新式のネットワーク構成から、古式のネットワークまで  サポート致しております、その幅の広い柔軟性には定評が  御座いますので、お悩みの方は、ご相談下さいませ、また  工事費用は特に決まっておらず、状況を考慮した  お手頃価格にて対応させて頂いております。
ネットワーク事例( その1 )
 ( 多段階層式ファイアウォールも可能 ) 外界( グローバル )と屋内との間に

 防御壁を設けた事例、キャッシュ機能等を持たせる事により

 ネットワーク速度も向上し、ネットワークの渋滞も

 回避( 数ある事例のほんの一部 / 古式 )



 プロキシは単に中継するだけの事例が多いが

 『 レイヤー7 』ファイアウォールは例外、アプリケーションの通信の

 中身も検査する事ができる特徴を持つ事で知られる。

 ( 例:アクセスURLチェック、ウイルスチェック、情報漏洩検出)

 そのため、検査の方法と仕様によっては

 『 レイヤー7 』ファイアウォールは相当な負荷が掛かる場合も

 有るが、近年ではハードウェアーの、高速化が著しく進歩して

 おり、ファイアウォールの処理上も、通信上もボトルネックと

 なる事はほとんど無い。

 また、未成年に好ましくないコンテンツのみを、末端のユーザには

 プロキシサーバの存在を意識させない状態で、

 自動的にフィルタリングしてしまうといった

 実装も可能である。





 実は、この日本国の歴史文化に於いても、

 PRODUCTRED 』同様の世界相互扶助

 民平等の、文化は大昔に

 実在したのであります!



 時は神代( 現在より2680年以上前 )に相互扶助の文化が

 この日本国に存在していた事は、歴史の影に埋もれて

 現代人は、知らない人が多いいと聞きます!




 世界相互扶助歴史


 日本は、少なくとも、2680年以上前、他国とも

 仲良しであった。


 『 論理的帰結

 大分県、宇佐市『 駅館川 』を例として解説を進めて

 見たいと思います!



 時は神代以前になろうかと推測されます! 
 ( 水位の関係上 )

 その当時、大分県、宇佐市『 駅館川 』の

 下流域に橋は無かったらしい!

 また、『 駅館川 』の上流ともなると道と言える様な

 道さえも無かったらしいです。

 という事情も有り、陸路より水路が重要視され

 独自の文化が形成され発展いたしました。



 遠くは、波斯国( ペルシャ )辺りを発った船が、色々な

 国を経由し、宇佐市、駅館川上流部( 洞地区 )を

 最終到達地点として交易が行われていたらしい!



 『 一過性の富と権力 』を得ようなどと考える人は

 日本国、また、宇佐市には居なかった為か?、

 武力闘争などは全く、無く、他国の方とも

 家族の様に仲良しだったらしい、こうして

 順立てて歴史を見て行くと未来が

 見える様で面白い。



 武力闘争などが無かった事から、国交の意図に

 関しては、私利私欲の為ではなく、宗教関係の

 崇拝が目的とする説が有力視されている!

 また、宇佐市、院内町、三又川の周囲は

 『 河口港 』の様な状況だったらしい、

 当時は、それだけ水位が高かった事の

 証でもあろうかと推測されます!



 私の父上が子供の頃、御寺の住職と思わしき

 人物が『 竹簡 』に記された多言語の書物を

 読み聞かせてくれたそうです。

 その『 竹簡 』は現存する可能性が高いと

 昨日、聞かされ、現在、鋭意調査中である!

 ※
 ( 竹簡は劣化により、ヒモは無く、
 バラバラな状態だったらしいです )



 ※補足 ( 2020年 07月 30日 追記 )

 近年、海水面が下がってから以降も、

 多国との友好的な交易は、

 行われ続けていた事が判明、

 『 ロットネスト海進 』頃には絶頂期を迎え

 ありとあらゆる国から献上品を持参した

 使節団が、、ここ

 大分県、宇佐市、駅館川( 三又川 )に

 集まり多国との交易は盛んに

 行われたという。



 河川に近代工事が施される直前までは

 河川の急流の要所には、綱が張られ、

 その綱を利用して、急流の場所に

 さしかかると、その設置された綱を引き、

 船は大分県、宇佐市、駅館川( 三又川 )まで

 川を遡ったらしい。

 さまざまな国々からの往来( 交易 )が

 行われた、経緯があるらしい。

 『 ギリシャ神話 』は、およそ紀元前15世紀頃に

 遡ると考えられており!

 『 キリスト神学 』の起源

 でもある!、また、馬に乗って球技を行う

 『 ポロ 』は『 古代ギリシャ帝国 』が

 その起源とされ、5世紀の中頃には

 『 シルクロード 』をへて、日本国( 九州 )へ

 伝へられたとされる。



 既に、地下洞の拝殿では『 銅鏡 』や『 翡翠 』に加え

 『 純金の印鑑 』等、数えきれない程の品々を発見

 何故?、外国から、この地へ、純金製の王冠を始め

 大量の金塊を持ち込む必要性が有ったのか?

 専門家らも頭を傾げて居た、しかし専門家らは

 『 福岡県 沖ノ島 同様 』に写真や動画での

 公開は避けるべき、また正確な所在地に

 ついても多言無用とし、子々孫々に

 受け継がれる事と、父上と関係者ら

 から御言葉を授かった。



 世界海洋上における『 天空の城 』と呼ばれる所以。

 『 (えき)』であり『 (やかた) 』である『

 それが『 』らしいのだ。
 ( やっかんがわ )



 ※補足 ( 2020年 07月 31日 追記 )
 余談: 『 宇佐の駅宿址

 『 太宰管内志 』には、海の駅と館( 宿 )を模した

 以下の記述も実在する!

 『 宇佐の駅宿址は宇佐川の傍らにあり

 故に駅館川といふなり
』と記されており!

 『 海の駅と館 』が在る事を、今に伝えている

 『 太宰管内志 』が記された時代には駅館川の

 下流域には、大江戸『 吉原遊廓 』の規模を

 遥かに超える規模の遊郭( 遊女の館 )が

 駅館川の川沿いには実在し、多国の方々が、

 皆、腰抜け骨抜きになる、等の記述が

 見られる資料も在る、古代から

 女性による接客は存在した様だ、

 神社の巫女による官人の接待が

 その起源という説が有力らしい、

 美女、多し、時を忘れる龍宮城とある、

 遠方から神社仏閣に参詣する観光客向けに

 宿場町が形成され、そこに客を接待する

 遊女が置かれたと考えられる。

 おもてなしも素晴らしかったらしく

 隆盛を極めていたらしい。



 駅館川の中流域より上流部は、道という道は

 無く、信仰を対象とする神聖な地とされ、特に

 香下妙見宮『 香下神社 』は女人禁制である

 女性による接客は『 宇佐神宮 』に参拝に

 来られた方のみが対象であったと聞いている。
 ( 駅館川、下流部のみ限定的 )

 駅館川の上流部は『 神聖地 』神仏を極める

 目的以外での遡上は『 御法度 』であるとも

 伝えられている。



  余談:『 ペルシア帝国 』とは?

 『 ペルシア帝国 』の歴史的書物として現存する

 宗教と言語、そして文化を記す歴史書には

 『 広大な国土を有する大国 』であり

 何と『 ギリシャ/アテネ 』とも交流が有り

 『 エジプト 』とも交易が有ったらしいのだ。

 また、ヘロドトスの『 歴史 』第1巻には、

 ギリシア人が『 ペルシア戦争 』で戦った

 相手であるペルシア人について、その歴史や

 政治とともに風習も描かれている。

 ヘロドトスが伝えるペルシア人の風習の

 なかには次のようなことが上げられている。

 ペルシア人は大の酒好であるらしい、

 ペルシアでは人前で吐いたり、放尿したり

 する事は許されない。

 このことは厳重に守られているが、

 ペルシア人には、きわめて重要な事柄を、

 酒を飲みながら相談する習慣がある。

 その相談で皆が賛成したことを、相談会の

 会場になった家の主人が、翌日しらふでいる

 しらふでいる、一同に提起し、

 しらふの時にも賛成ということになれば

 採用し、そうでなければ廃案にする。

 またしらふで予備相談をしたことは、

 酒の席で改めて決定するのである。

 ( ヘロドトスとは? )



 『 ペルシァ 』は『 平安時代 中期頃 』には、

 その存在は、世界各国に広く知られており

 日本国では、『 うつほ物語 』として現在に、

 語り継がれる。

 『 うつほ物語 』は、全20巻から構成され、

 著者は『 不明 』とされる、源順説などがある。

 『 竹取物語 』にみられた伝奇的性格を

 受け継ぎ、日本文学史上『 最古 』の

 長編物語である。




 『 一過性の富と権力欲 』とは?

 時は神代以前、現在の日本国は『 邪馬台国 』と

 呼ばれていたらしい、そして現在の宮崎県一帯を

 『 邪馬壹国 』と呼んでいたらしいのだ、日本国で

 『 一過性の富と権力欲 』を得ようとする、邪気の

 蔓延が始まった時代は、 『 古朝鮮 』( コジョソン )

 滅亡後、路頭に迷った『 古朝鮮 』( コジョソン )の

 流民が木造船で台湾や対馬を経由し、

 九州各地に大陸からの、渡来が始まった頃と時は

 一致する、そう、

 現在より『 2680年前 』くらいからである!

 付け加ゆるに、その背後にあった物は

 漢帝国が『 中華思想 』を打ち立てた事に

 由来する、大陸でも大きな時代の

 変化が有った。
 ( 漢帝国史書/漢帝国以前も含む )



 『 古朝鮮( コジョソン )の歴史

 『 古朝鮮 ( コジョソン ) 』の歴史年表には、

 (年代表記)には、その戦いの激しさ故に、

 諸説あり、最も有力視される説としては

 『 漢帝国 』による支配により、

 紀元前:2800年頃、滅亡へと追い込まれた

 とする説が、最も有力な説である。

 最も『 漢帝国 』の歴史年表も諸説ある

 しかし、大筋で、紀元前:3947年頃には、

 国家として存在していた事は確かな様です。

 紀元前:108年、『 古朝鮮 』再復活の試みが

 開始され、紀元前:56年に、遼東平原

 奪還に成功したと記される、これを持って

 『 高句麗 』( コグリョ )建国とする説が最も

 有力である『 高句麗 』( コグリョ )とは、

 実質上、現在の『 北朝鮮 』である。



 韓国ドラマ『 朱蒙 』続編『 風の国 』そして

 続々編『 安市城 』が、日本の大河ドラマの

 様なニュアンスで、その荒々しさを後世に

 伝えている、また『 高句麗 』( コグリョ )末期

 南に新転地( 国づくり )が行われ『 高麗 』を

 築きました、その歴史は韓国ドラマ『 武神

 にて記されている、あまりお奨めな歴史の

 勉強方法ではありませんが、読書が苦手な

 方は『 ドラマで学ぶ 』という選択肢も

 無くにしもあらずかな?、とも思います、

 また韓国ドラマ『 王の顔 』( 高麗末期 )では、

 日本国から『 黒田長政 』が朝鮮半島に上陸

 『 黒田長政 』らは、やりたい放題に、

 暴れて『 高麗王 』は黒田長政の暴れ方が

 あまりにも激しかった為『 黒田長政 』の

 半島上陸から、2週間で『 高句麗

 ( コグリョ )に逃げるシーンなどあり、

 中々、見ごたえの有るドラマ構成と

 なっている、しかし、日本の歴史書の全てを

 見回しても『 高句麗 』( コグリョ )滅亡期は

 西暦:668年に滅ぼされ、唐に吸収されて

 安東都護府が設置されたと記される、しかし

 『 高麗王朝 』の全盛期は、12世紀である

 6世紀に滅んだとする説は明らかに矛盾する

 現在の『 北朝鮮( チョソン )』が、その答えを

 教えてくれている、韓国ドラマ、全ての

 ドラマに於いて『 高句麗 』( コグリョ )を

 悪く描いたドラマは一つも存在しない!

 朝鮮半島に於いて唯一、日本国の手に

 落ちなかった国でもあり現在の韓国の

 祖国でもあるからに他ならない。



 宇佐神宮に祀られている『 神功皇后 』樣に

 よる『 三韓征伐 』に於いても、日本史では

 『 新羅(シルラ)』 『 百済(ペクチェ)』 『 高句麗

 三韓を制した事になっているが、実際の所は

 『 高句麗 』( 現:北朝鮮 )は陥落してはいない。

 見せかけだけの陥落の可能性が大 とする説が

 有力と思われる、現に、2世紀頃、朝鮮半島

 先端部を日本国が侵略し『 任那日本國府

 『 任那四県 』を設置に『 新羅(シルラ) 』

  『 百済(ペクチェ)』 ら四國は日本の統治下に

 置かれた、しかし、西暦: 475年に
 ( 史書によっては、405年とする文献もある )

 『 高句麗 』( 現:北朝鮮 )の、高句麗好大王

 率いる 『 高句麗軍 』( 現:北朝鮮 )らが

 朝鮮半島に駐屯する日本軍を完全に、

 朝鮮半島から、追い出し朝鮮半島の

 奪還に成功している。

 ( 200年間程度、日本の統治下にあった )



 半島周辺の歴史を見るに『 北朝鮮 』は

 実質上の 『 高句麗 』であり、朝鮮王朝の

 歴史と文化の原型を、良くも悪くも、

 現代社会に伝へ、その形を見る事の

 出来る貴重な歴史の参考書なのです

 『 韓国 』を理解するには『 北朝鮮 』を

 理解し、更には、その歴史文化を良く

 知らねば朝鮮民族の本来の姿は

 観えてはこないと思います。



 太古の昔は、鋼鐵剣の開発に余念がなく、

 現在は核弾頭の開発に余念がない、また

 地形的にも気候的にも厳しく、故に、

 そう易々とは陥落しない様に思う、

 現に今日も存続している。



   『 事の発端

 時は、現在より 『 2680年 』くらい前に遡る!、

 我こそは『 神 』であると主張し、渡来系の

 民衆を煽り、『 錦の御旗 』をかかげ、

 西なる大陸より渡来し民族、筑紫の日向に

 渡来人を集結させ『 邪馬壹国 』を造り、

 邪馬台国を攻め落とし『 大和国 』を、つくろ

 はんとせん!、日向族長:狭野命、後の

 神武天皇である、彼ら一族は太祖異国に

 在り、我こそは『 天照大御神を祖に持つ 』命なり

 『 神 』に逆らう者は『 首を良く対処せよ 』と

 号令をかけ、東征に入る。



 東征終了後、国名を邪馬台国から『 大和国 』と

 あい改める、そして、大陸より渡来し住民を背に

 新転地を、ここ日本国に築き、今迄成し得な

 かった夢『 世界の覇者 』に焦点を絞り

 注力を重ねる!



 これ以降、世界に前例の無い動乱の世が

 訪れる事となり、最終的には全世界を

 向こうに回し、遂には天罰が下り

 多くの民が死に絶え、日本国の栄誉は

 地に陥落し、『 神 』の名を引き合いに

 出した者( 名乗る者は )、日本国を

 『 無条件降伏 』に貶める、その欲望に

 称号( 名 )を与えるとしたら、それは

 『 一過性の富と権力欲 』なり。



 悲しいかな
 千年、万年、続く『 国づくり 』には程遠いい。







 皆、今こそ全世界の全ての人類が手を取り合い、

 千年、万年、続く『 国づくり 』を目指そう!、

 今からでも遅くは無い『 地球は、一国にあらず 』

 この、PRODUCTRED 』は、疫病救済の為の

 世界的に有名な団体ではありますが、自然界の

 営みに於いても獣( けもの )でさえも大災害の時は

 ライオンも、虎も、ウサギも、オオカミも、シカも

 ネズミも、皆、一つの洞穴で争う事無く、危機が

 過ぎるのを待つ!、と言うでは御座いませんか、

 人間は、愚か者です、愚かにしている者の

 正体こそが『 血肉を良しとする宗教と権力欲 』、

 神佛はいかなる場合に於いても、

 血肉を好む戦いを良くは思いません、

 そして何よりも悪鬼な事は

 人種差別そして『 富と権力欲 』なのです

 皆、仲良くし、困った時は、御互い助け合い

 あらゆる危機を乗り超えましょう!



 国が互いに戦争ばかり、していると困った事態に

 陥った時に、他国は助けてくれませんし、近寄りも

 致しません、近寄れば、火の粉が降りかかるから

 です、その様な、悪鬼に満ちた、思想を抱いては

 これから待ち受けているであろう、危機を乗り

 切れずに、最後のその時まで、自国の利益のみ

 考え、人類という文明は、もろくも崩壊する事で

 しょう、皆、一致団結し、人が人を殺す世を

 慈悲深い『 祈りの心 』を持って終わらせましょう

 そして全世界に『 太平の御世 』が到来する様に

 常日頃から、取り組みましょう!



 世界中の方々の顔は、喜びに満ち溢れ、毎日を

 笑顔で過ごせる、日々日常を構築しましょう

 そして、良き来世を子供達に

 与えて上げましょう。




 天は人の上に人を造らず





 



 



 福沢諭吉 』 先生との 『 不文律 』の約束!

 『 西園寺公望 』公と『 加藤高明 』閣下の御親交を

 賜りたる拙者の生涯悔い無き栄誉を戴きたるも、

 先祖の遺訓を大事とし『 白河以北一山百文 』の

 国末に、日本帝國の空白なる奥州の忠実、

 世襲に、はばかる故に、拙者、祖代の

 尋績五代の労も、自由民権の至る世まで、

 極秘に封蔵仕るなり。



--- 福沢諭吉と交わした[ 不文律 ]の約束 ( ここから )---



 朝夷各氏ノ来歴ハ秘事多クシテ世ニハバカル故ニ、

 祖来ノ諸伝遺物ハ、吾レ学志ナル福沢氏ノ請願ニ耳、

 荒覇吐神大要ヲ告ゲケレバ、彼ガ世ニ著シタル

 一行ニ引用アリ。

 『 学問ノ進メ 』ニ題セル筆ニ

 『 天ハ人ノ上ニ人ヲ造ラズ、人ノ下ニ人ヲ造ラズ 』ト

 吾等一族ノ祖訓ヲ記タル者也。


 依テ子孫代ニ是ヲ密トシ、

 護ルヲ家継ノ一大事ナル極秘ナリ。


 何レカ世ノ襲威是無キ世ニ至ラバ、

 一族ヲシテ来歴ノ実相ヲ

 知ル可キニ驚カム。


 一族ノ総テハ現今時政ニ併セ難キ史伝多ク、

 以テ是ヲ明セバ、科ヲ受ク耳ナル書巻ニシテ、

 茲ニ永代ノ秘密ヲ以テ埋蔵セシ者也。


 天日ハ光明ノ至ラヌ郷ハ無ケレドモ、

 吾等一族ノ祖来ハ常ニシテ権制ノ虎視ニ存在シ、

 奥州ノ白河関以北ハ、

 日本史伝ノ日陰ニ幽閉サルル耳ニテ、

 未ダ世浴ノ陽光ニ当ル事ハルケキナリ。



 思想伝承協力者氏名: 加藤高明 閣下

 思想伝承協力者氏名: 西園寺公望

 思想伝承協力者氏名: 秋田映季 議員

 思想伝承協力者氏名: 和田末吉 先生

 思想伝承実行者氏名: 福沢諭吉 先生

 思想伝承実行者氏名: 古田武彦 先生



--- 福沢諭吉と交わした[ 不文律 ]の約束 ( ここまで )---

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

--- 当時の福沢諭吉と交わした翻訳文( ここから )---



 和田末吉は『 福沢諭吉 』邸で直接、面会し

 そこで『 福沢諭吉 』に問題の一句を御見せし

 その趣旨を伝えた所、よし事情は良く分かり

 ましたと返答し『 天は人の下に人を造らず・・・

 ・ ・ ・ 』と云へりと云う形で結んだ。
 ( これで良いか?、はい! )


 『 福沢諭吉 』 先生、自らも、この思想が

 後の日本の世を、繁栄に導く、道しるべと

 成る事であろう、私が後世に伝えましょう!

 と言い『 不文律 』の解釈を得たという。



 これが自己の独創ではなく、引用である事を

 『 福沢諭吉 』みずからが認め示して

 後世に、この思想を継承する事を

 この時の『 福沢諭吉 』 本人から

 返答を得られ、今日に至る。



 思想伝承協力者氏名: 加藤高明 閣下

 思想伝承協力者氏名: 西園寺公望

 思想伝承協力者氏名: 秋田映季 議員

 思想伝承協力者氏名: 和田末吉 先生

 思想伝承実行者氏名: 福沢諭吉 先生

 思想伝承実行者氏名: 古田武彦 先生



-- 当時の福沢諭吉と交わした翻訳文( ここまで )---



 『 福沢諭吉 』の死後、この句は

 一世を風靡する事となる。



 これこそ『 安倍長髄彦 』以来、安倍一族の家訓

 であり、統治の理念としたものであります。



 安倍一族では、代々の子孫が、この言葉を

 残しております。



 これが何と現在より、1350年前の

 『 安倍安国國王の御言葉であります!

 数千年に遡る、歴代の国王遺文全てに

 目を通すと、國というものは『 帝王学 』だけ

 では回らない事が良く理解できる、素晴らしい

 ではないか、そう解くに至りました。

 ( 史書/全巻総数: 600巻以上 )



 『 帝王学 』 と 『 中華思想 』の一部分は、酷似した

 側面を持っている!、これが現在の『 人種差別 』に

 繋がっている事は『 士・農工商・穢多非人 』制度からも

 その様子が見て取れる『 皇統以外は下人 』といった

 思想が、それである『 中華思想 』には

 『 中華圏以外の人間は野蛮人 』と解釈する精神思想

 から構成されている部分などは、その最たる例であり、

 階級制度( 貧富の格差を助長する )の様なニュアンスを

 思わせる部分が見受けられる『 華夷思想 』にて共通の

 精神文化を観る事例も実在する( 世界戦争等 )、戦前の

 『 皇統万世一系 』の原型を、そこに観る事が出来る

 戦後の現代社会に於いて、実に感慨深い教育素材で

 あり事実から構成されており、良い教訓になる。



  注釈

 文章に『 白河以北一山百文 』なる文脈が登場

 致しますが、これには、読む方々で一万通りの

 解釈がなされます!

 ここで言わんとする意味は『 蘋果日報 』の様な

 騒動を得て民が皆、笑顔になり、元気になり

 『 黄金の世 』の到来を、示唆いたします!

 近年、忘れさられつつ有る言葉ですが

 東北の方々の間では昔から、親しみの

 有る、表現力豊かな言葉として有名。






 ※補足 ( 2020年 08月 02日 追記 )


  姨捨山前九年の役
 ( おばすてやま )

 『 平安時代 』の初期、後冷泉天皇の御代

 関白『 藤原氏の圧政 』と、貴族らが

 『 贅沢、豪華、華美 』を浴するままに

 雅(みやび)に呆けてた頃(西暦:1000年頃)を

 絶頂期とする。
 ( 参考資料:漢帝国史 )



 朝廷より『 安倍頼時 』らは多額の、租税

 納めるように、命じられ、徴収の量は

 『 徴収額:9割 5分 』である、仕方なく、払い

 続けた結果『 民は飢え死に 』し最終的に

 『 姨捨山( おばすてやま )事件 』へと

 事は進み『 安倍頼時 』らは朝廷と

 関白に『 心の寂しさを見た 』とある。

 大義名分は『 大国造りの為の租税 』と

 言いながら『 己の至福 』の為の租税

 で有る事を悟る。


 この時『 安倍頼時 』は、貴族らが

 欲するままの姿を見て、酷く

 憤り( いきどうり )を隠せなかった

 この時、『 安倍 頼時 』は

 『 何の為の献税ぞや 』と云って

 朝廷と関白に反旗を翻しました。


 そして『 前九年の役 』の幕は開いた

 日本史では、9年間の戦いと記され

 ますが、実際の戦いは、12年間

 続きました、その戦いの大義名分は

 『 民を餓死から救う為の減税 』で

 あります!


 9年間は、安倍軍、優勢のまま時は

 過ぎましたが、朝廷が安倍軍の幹部

 一人を拉致し、多額の密約金を渡し

 『 安倍 頼時 』( 安倍軍 )を内部から

 攻め落とせとの『 密偵 or 使者 』を

 遣わせた事で事態は急変します。

 安倍軍、優勢のまま、9年が過ぎ

 朝廷と関白らも多大な痛手を被り

 安倍軍、勝利を目の前に控えた、

 その時、多額の大金に目がくらんだ

 『 源 頼義 』らの陰謀が開始され

 一族の離反を招き

 『 康平:5年( 1063年 ) 』安倍軍は

 北上川の上流『 厨川の柵 』にて

 敗退しました。



 棟梁『 安倍貞任 』と、その子供達

 『 安倍千代童子 』『 安倍重任 』

 そして関係者らは、京都( 西獄門 )で

 『 さらし首 』にされ『 死人に口なし 』と

 なりました。

 副将『 安倍宗任 』は、福岡県

 宗像大島へ流刑となりました。



 日本書紀には、皇統らの輝かしい

 功績であるかの様に記されており

 ますが、事実は、何時の時代も

 勝者の側に都合の良い様に

 描かれます。





 ( 安倍安国 国王 國状 )


 もとより、天は人をして上下に造りしなく、

 光明は無辺に平等なれば、いかでや

 おのれのみ、もつて満足に当らんや。

 よって、わが荒覇吐の血累は、

 主衆にして一人とも賎下に制ふる験しなし。

 主なりとて、生命の保つこと久遠ならず、

 従なければ王ならず。

 民一人として無用なるはなかりき。

 よつて、わが一族の血には、

 人の上に人を造らず、人の下に人を

 造ることなかりき。

 光陰は移ること速く、心覚へなる幼心、

 五十歳を尽してかへりみしや、昨日の如し。

 よつて、ここに、荒覇吐の子々孫々に、

 この状を遺し置くものなり。

 一族をして、争ふなかれ、また、

 一族をして、暮しの貧しさを招くべからず。

 先祖は一にして二祖なけると心し、

 一族の内に仇すべからず。

 一片の糧をもあひ分ち、睦を失ふべからず。

 常にしてあひ和し、国運を護るべし。

 そもそも、一族の血は、われ独り異るぞと、

 反心に及ぶべからず、心して

 安心立命の悟りに達すべし。


  注釈

 始祖邪馬台国國王は、貧富の格差を嫌う

 王、自ら、田畑を民と共に開墾し共に田畑を耕し、

 民を中心とする事を邪馬台国

 基本理念とした。



 ※補足 ( 2020年 08月 04日 追記 )

  『 安倍家:始祖 』は、遠く神代以前に遡ります!

  現代の安倍家は『 安倍宗任 』より数えるに

  『 44代目~45代目 』にあたります!、また

  現在の安倍家は『 始祖:邪馬台国 国王 』より

  『 第:225代目~226代目 』にあたります!

  日本国天皇は、西暦:2020年、現地点では、

  神武天皇より『 126代目 』にあたります!



 この御時世に、また、貴方の身近な場所に( 議員等 )

 以下の様な事を言っている方が居たら、どうぞ

 お叱り下さい、それは偽物であり、愚か者です。

 『 私と貴方の立場が同じと思ったら、それは違う!

 この思想、及び発言の根本に有る、精神哲学は

 『 帝王学 』と『 中華思想 』の最たる例で

 あります。


 ( その様な方は、統計上、自覚が無い事が多いい。)
 ( 可哀そうな、心の寂しい方だと思って下さい。)






 常識や通説を歴史的観点から検証していくと、

 戦前に信じて疑う事のなかった

 『 皇統万世一系 』も、戦後に教えられた

 『 教育 』を説くと、日本国は都市国家規模の、

 百余国が分立していた事が

 分かります。

 『 漢書:二十四史 』( 計100巻 )全てに

 目を通すと、そこから導き出される結論は

 『 地獄絵図 』の様な『 戦乱の世 』の

 始まりは、現在より 2680年前頃から

 始まります!

 『 戦乱の世 』からなる国政の在り方は

 日本国の文化ではなく、渡来系民族の

 思想と精神文化である事が良く分かる!

 『 記紀 』や『 倭人伝 』から成る史書は

 日本の高官らの吹聴を元とし書かれて

 おり、その記述の大部分の解釈が間違い

 だらけだったとわかります。

 邪馬台国の歴史が、とんと解明できない

 原因は『 歴史、誤認識の吹聴 』ここに

 あります。








 ※追記
 ( 2020年 08月 20日 )


 ( 文脈変更日: 08月 26日 )


 とても『 』とは思えない程に、リアルな『 』を

 観た、2020年 08月 18日( 深夜 )の出来事!



 現状のまま『 インフルエンザ 』シーズンに入り

 インフルエンザ流行となると、一夜にして状況が

 一変する事になる( 最悪の場合 )。

 医療体制の乏しい、田舎で、病院に入る直前に

 『 体温チェック 』を行った時、アレッ!

 この人『 コロナ? 』それとも『 インフル?』その

 様な状況になった場合、一夜にして状況は

 『 地獄絵図 』とかす!



 院内感染が多発し、医療現場は逼迫し、

 国は転換期を迎える。



 Gross Domestic Product( GDP )を生む為の優秀な

 各種/クリエイター( 人材 )は心筋を患いながら

 生き残り、今迄、御知恵を頂いていた高齢者は

 減少し、現在、健康で若い人も、コロナ完治後に

 無症状ではあるものの『 心筋炎 』の後遺症で

 平均寿命は低下し、国は一旦は疲弊へと舵を

 切る事になりますが、それは長い視野で国政を

 見た時、上層部のみは助かる、それは何故か?

 高齢者層が、子々孫々、永遠に少なくなる

 傾向を示すという事は、年金等、高齢者に

 かかる出費を大幅に削減できるからです!

 ( 少子高齢化、年金問題は解決する )



 まさに『 GO TO TRAVEL 』の影なる部分には

 要注意と、私は[ 警鐘 ]を鳴らす!

 この時期に『 GO TO TRAVEL 』を行うのに

 はそれなりのメリットが有るからこそ実施へと

 踏み切ったと、私は考える

 『 コロナ生還者の78% 』に心筋炎を確認した

 という医療報告もある。

 コロナウイルスに一度、感染すると

 無症状者でも心筋を患うという医療報告もある。

 心筋の、ほころびは、一度、ほころぶと( 破損 )

 二度と再生はしない、永遠に、ほころんだまま

 の状態が、死するまで完治する事はありません

 この部分に危惧を覚える。

 例えば、心筋を患う事で、心臓を酷使する事が

 死に直結する可能性が有るからである。

 後に大病を患い、大手術の必要が発生した場合

 事と次第によっては『 手術 』を受ける事が

 出来ないからだ。

 ( 術中に死亡するリスクが有る )

 [ コロナによる[ 心筋炎 ] ( 日経メディカル ) ]



 ( くれぐれも気を付けて、生き残り長生きしよう )
 ( ワクチンの負の遺産にも気を付けよう )



 有名な事例を上げると、『 デング熱ウイルス

 現状では、安全かつ効果が高いワクチンは

 ありません。

 一時的に海外で承認されて使用されたワクチンは

 ありましたが、ワクチン接種者は、接種から

 半年後、ワクチンを接種しない群と比較して

 重症のデング患者が発生しやすいことが

 判明し、死亡率が逆に上昇へと転じ

 使用中止となった経緯がある。



 今回の、この政策に対して、国が見落としたと

 考えられる点も多々有る、コロナの最大の

 負の遺産、それは『 後遺症 』の『 心筋炎

 これは国政の不備が招いた経緯が有るが故に、

 『 身体障害者 』扱いにしなければならない事である、

 ここでまた国費を投入しなければならなくなる事だろう。

 あるいは、今迄と同様に、強引に『 却下 』の

 方向で動くか?、もしくは、言い訳ばかりで、

 ズルズルと引きずる、方向で動くのか?

 『 身体障害者 』認定を拒み続けた場合の

 最悪のシナリオとして、事例を上げると以下の

 ケースが歴史に新しく、国政の不備を無に

 葬ろうとした場合の最悪のケースと言える。



 オウム真理教:『 麻原彰晃 』教祖、を作り出した

 最大の要因とされるのが『 水俣病認定 』の却下が

 根本の原因とされる。

 麻原彰晃は、典型的な水俣病であるにも変わらず

 国は『 水俣病認定 』を頑なにこばんだ、これには

 『 部落差別 』や『 障害者差別 』も大きく起因して

 いるとする専門家らの話も有る!

 結局、 

 『 麻原彰晃 』は、家族のほとんどを水俣病にて失い

 ( 兄は全盲状態にて生存、現在の安否は不明 )

 路頭に迷ったあげくの果てに酷い『 差別 』および

 激しい『 虐待 』が行われたとされる。

 ある意味、麻原彰晃という人間が完成に至るまで

 の間の『 人格形成 』の段階に於いて、

 国政が、50%のウエイトで、からんでいる事は

 周知の事実であり、国が『 麻原彰晃 』という

 歴史的、大罪人を作り上げた事に間違いは

 無く、また疑いの余地も無い、よって、思うに

 同じ失敗を二度、繰り返さないで

 欲しいと、切に祈る!



 『 人命 』より『 GDP 』が最優先なのは何故

 これには明確な理由が有りますが、個人的に

 考えるに、理由自体が、非常に『 事見苦しく 』

 内容が民の思想と相反し『 不条理な側面 』を

 有する、また、説明文が、あまりにも

 長文になる為、今回はコメントを

 控えたいと思います!



 現代の国政は、時代を超えた『 姨捨山 』という

 『 不文律 』制度の『 復刻 』を感じ入るに

 十分な要素を有する様に感じる

 悲しいかな『 歴史は繰り返す 』。



 このPRODUCTRED 』は、慈善団体ではあるものの

 『 安倍長髄彦 』~『 安倍宗任 』の思想理念に、

 かなり近い、しみじみと感じ入るものがあるのでは

 ないのか、そう思いました


 相互扶助とは?= 世界/フリー百科事典




 全世界の民よ、苦しい時も、嬉しい時も、

 皆、元気よく、仲良く生きよう!





 始祖:邪馬台国の『 』を現代へ伝える。

 『 』を憎んで『』を憎むべからず。




 Dorcus Usa Global Area Network Data Center. / Since: 1995 - 2020.
 サーバーシステム構築/拠点間通信網/WEB作成/各種プログラム
 所在地: 大分県 宇佐市 住江
 技術顧問: 安倍 稔範
 MAIL : info@usz.jp

 Last Update: 20201028.

  トップ ページ  English Page

  Copyright © 2020 ドルクスUSA all rights reserved.